株主優待・配当生活

配当0円の銘柄に用は無い、塩漬け「3528」プロスペクト 復配の配当出ました 1株1円だけど…笑泣

プロスペクト配当

いらっしゃいませ、雑記ブロガー、のりのり@nori_nori_work)です。

配当出ました「3528」プロスペクト

のりのり
のりのり
復配したプロスペクトから配当出たよ

ねこにゃん
ねこにゃん
1株1円にゃ

のりのり
のりのり
無いより良いけど、もう少し欲しいね

昨年まで0円だった配当が、復活したよ

今年は、1株1円の配当が出ました

昨年は、0円だったけど、今年は配当が復活して(これを復配と言います)1株当たり1円出ることになりました。

昨年は0円今年は11900円 この差は大きい!
プロスペクト 配当

2年ほど前は、1株4円の配当でした

2018年の60円前後の株価から、いきなり2019年は1株20円以下になり、配当も4円から0円になりかなり悪い状況でした。

2年前は、47600円でした。

NISA 現物で買っているので、税金などは一切引かれません。

(NISAでない場合は、通常は配当額の約20%が税金で引かれます。)

 

買い時、売り時、株の儲け方

安く買って、高く売るのが原則だけど…

株で儲ける大原則は、安く買って高く売る(キャピタルゲイン)ことですが、株は景気によって左右されます。

当然、株価が下がって売れない時もあります。

そして、下がりっぱなしで上がらない時もあります。

テ倒産はしなさそうだけど、上場廃止はしなさそうだけど、損してまで売るほど切羽詰まってないなら…

配当と、株主優待をもらいながら(インカムゲイン)気長に待つ…しかない…

だから、配当0円の会社に意味が無い!って、こと!

NISAで少しづつ買って11900株になりました
1株当たり、1円の配当金が出ます

NISA現物は、税金がかかりません。

株を売って利益を出すと通常は儲けの約20%の税金がかかりますがNISAだと引かれないので満額もらうことが出来ます。

そして、NISAでは、配当金にも税金かからないので、最長で5年間もらいっぱなしでこちらも、嬉しいのです。

松井証券は手数料約定料0円

 

合計で、11900円です。NISAなので税金は引かれません。
確定支払い金額11900円です
来年は、2円になると良いな

NISAには株の保持期限があります(基本は5年間です)。

まとめ

のりのり
のりのり
宝くじや競馬はすぐ0円になるけど、株は持っている限り配当や優待が収入になるよね。

ねこにゃん
ねこにゃん
毎月、100株買っても、4,000円にゃ。

のりのり
のりのり
銀行に100万円預けても、1年で利子は100円。プロスペクトなら2万株だから、配当が20,000円だよ。

結論、まとめるね!

投資した会社が潰れたら、どうにもならないから、資産を全部つぎ込むのは止めようね。配当や優待が続くとは限らないから、儲かっているうちに売るのも作戦だよ。

株価は安いけど、プロスペクトは今時の環境社会には適している。

なかなか株価が上がらない、変な動きをすることがある

40円以下なら買いだと思う

自己責任でよろしくね

このページが参考になったらうれしいな、
それじゃぁのりのり〜